スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拘り。

Category : seishinからのいくつかの遺言
心の作用の顕在化のひとつに拘りがあります。
拘りは時に大きな誤解をされているものです。
拘りは悪いものではありません。拘り方が問題なだけです。
拘りとは意識を信念に置き換えるベクトルの別名にすぎません。
拘りがあるから人類は進化したとも言える訳です。
ただし、拘る気持ちには「拘る事には拘らない」という拘りも含まれているため、拘りを否定したくても、拘りはなくなる事はあり得ません。それを否定する行為が問題なのです。
拘りは自分の内側に向かうべきものですが、時に自分以外の外側の対象に求めてしまうことがあります。
自分の拘りが、対象の評価を貶めている事があるのです。
これは「融解作用」の一つです。(融解作用とは、「悪」の総称です。)
拘りを抱いた自分が今、拘っている対象を達観して眺める技術。
その技術は拘る気持ちを受け入れ、ベクトルの方向を変える回転をつくります。
拘りたい事柄は十分に拘り、楽しんで下さい。
それに何らかの抵抗が生まれれば、既にその拘りは、今後、拘る対象ではなくなっています。
拘りは「執着」とは違うのですが、拘り方を誤れば、それは執着かもしれません。
それは決して人間を進化させる事はないのです。


seishin
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。