スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕のシステムのご紹介。。

Category : Q10 fighters
これは、一部のいちぶ、もしかしたらたった独りにしか伝わらない、大変大げさな小さなこだわりです。
殆どの方には興味ないはずですが、たまには音楽ファンに向けての投稿です。

10062401

えらい事になっている、これが僕のギターシステムの全貌になります。

写真中央が、このシステムの心臓部。。LINE6 BOGNER スパイダー112
過去にであったどのアンプより、相性がいい気がします。
どちらかと言うと、フェンダーのツイン系の音がお気に入り。
5150系のかなりなドライブ感も、気に入ってます。
僕は長くピーヴィーの5150コンボを使ってましたが、こちらの方がまとまって扱いやすく感じます。
なんにしろ、変幻自在!!有りとあらゆるアンプの特性が再現出来ます。
今のテクノロジーは凄すぎる、、。

4Uラックには、コルグ/トーンワークスのチューナー。マキシマイザー。ローランドのディレイとリヴァーヴ。
一番上の1Uはワイアレスシステムです。
ただ、このワイアレスは、酷く信号が劣化します。ライヴではあまり活躍しない、何とも残念なレアものです。
マキシマイザーは、Q10の様な、楽器が複数重なる場合、ギターは意外に埋もれがち・・・。
そこを音量を上げるのでなく、音の輪郭そのものを明確にして、トレブリーにしてしまう事なくはっきりとしてくれます。僕はとても気に入っているのですが、この心地良さを理解出来るのは、ギター弾きぐらいかも知れません。

10062403


さて、足元ですが。。。
10062402

これが現在の一押し!!プロヴィデンスのPEC-2を中心とした、基本中の基本エフェクター達です。
僕は昔から、エフェクターをスタンダードな物以外はあまり使ったことがありません。
その為、入門者と全く同じ楊さ基本的なセッティングになっています。
ただこいつは特別・・・PEC-2は、びっくりする程、音がストレートに出てきます。
当然、パラでの配列の為、直列での配線になっていない分、信号の劣化で全くありません。
今迄のシステムではでなかった、繊細な指のニュアンスもきっちり出てきます。
もう!!超お勧めです。

10062404

具体的には、右上から、HAOのブースター。これとの付き合いもかなり長いです。音も気に入っていますが、現在はギターを持ち替えた時のアクティブ/パッシブの音量差やシングル/ハムのゲインを揃えるイメージで使用中。
つまり、クリーンブースターになっています。でも、本来はしっかり原音の印象を崩さないドライブ感が大好きで、ブルースからミクスチャー迄、幅広く活躍していました。コードの一つ一つがしっかり残ったままで、歪んでくれていて、手放せません。。

その下、シルバーのデカイやつは・・。ご存知、クライベイビーワウペダル。ただ、泣く子も黙る、「ザックワイルド・シグネイチャー」だーー!!って、殆どの人が何がなんだか??ですね。。
そう、あのオージーオズボーンのギター担当、ザックがでデザインしたワウです。ワウも死ぬ程、使ってきましたが、これは大変気に入っています。特にPEC-2にしてからは音痩せも気にならない。掛かり具合も適当で、操作性も抜群。。何より重工なのが安心です。
そして、青いのはプロビデンスのコンプ。白いのが同社のオーバードライヴ。この二つとも、最高のエフェクターです。メインだったHAOをただのブースターになり下げてしまったのは、この白いオーバードライヴのせいです。あの布袋氏も絶賛のもの。
このコンプも今回のステーヴルカサーの日本ツアーでルカサーがメインで使用した事で火がついたものです。久々、その気にさせた逸品です。
で、赤いのは、ジョーサトリアーニのシグネイチャー、ディストーションです。
僕はディストーションと言うのは、使った事がなかったのですが、こいつは、僕たちスタジオワーク系の音色にはピッタリ!!スティーヴヴァイやサトリアーニは、音色的に本当に参考になります。ザックやスラッシュの様な自己主張は極力抑えたい、僕たち「トラ」系のギター弾きには、こいつはベストです。
ただ、お行儀良過ぎて個性はありません。プリ系の歪みに比べれば、少々つまらないかも・・・。

10062405


で、最後に。。
ロックトロンのディレイ。。こいつも良いです。必要な機能だけに絞り込んだ結果、音が鮮明。掛かりもしっかり調整できて、何より操作が簡単!!おすすめのディレイです。
そのとなり、モジュレーションにはBOSSのコーラス。ド定番です。
そして、ハーモナイザー。BZ的な雰囲気が欲しい時に、時々活躍します。
あと、チューナーがもう一台。。スタンプボードのみの時には、足元に一つチューナーは必要になります。
そして、それを見守る、フィギアの「ヘラ」が2体。。演奏の神。。縁起を担いでます。。

こんな感じです。

さー。。
ついつい、いつものブログより、気合いが入ったのは、ライヴお近いからでしょうか??
今晩から岐阜の山間部に有る秘密の倉庫で、ヤブ蚊の襲撃に耐えながらの徹夜のセッションが始まります。
この日曜はこいつが大活躍するはずですので、大ごけしないように頑張ります!!






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。