スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セフィロ「ダート」と3つ目の反転ポイント

Category : yodokai会員専用記事
このとこと、集中コースの総括が続いていますが、そこでのフォローです。

3つ目の反転「ψ7」に関して。。
他者の領域に反転を起こして、その立ち位置を手に入れるのが難しのは、当然です。
モノから自己の位置「ψ5」までは、集中コースでも軽く学べますが、「他者」の領域への反転は古からの一つの大きな課題です。

20110207-2

遥道会でもおなじみの「セフィロト」生命の樹です。
見て頂ければ解りますが、遥道会のコンストラクション。マンドルラの3つの輪の重なりが見えています。

この図を横にしてみます。

20110207-3

モノから自己の領域に反転したポイントは明確に描かれていますが、他者のポイントは?
見て頂ければ解りますが、他者の領域はマークされていません。
つまり、この段階でも他者の領域に反転出来ていないのです。

ここは「ダート」と呼ばれる場所。知恵の象徴です。
ここの隠れた知恵・ダートはコクマーの担当する「知識」としての知恵とは別格です。
覚醒と言っても差し支えない知恵です。
チャクラでは「アナハタ」と同じ場所。
その意味では他者と自己との共振を手に入れる場所になります。

自己の領域から反転して、「他者の立場を手に入れる」のと他者と自分を混同するのは全く意味が違います。
他者の位置を利用して、自分を見る「知識」を獲得する知恵が「ダート」を獲得する事になります。

「第10番目」の月が現れるのを待つか?
3つ目の反転を起こすのか?

ここがψ9&ψ10の等化。
いよいよ、大詰めψ11とψ12n領域です。

とうとう、遥道会でもここまでを説明する段階を迎えたかと思うと、本当に感心してしまいます。

ここに関する詳しい説明は、次回のクラスで詳しく行います。
スポンサーサイト

Comment

うわ~、また次が楽しみです^^

Nokoさんへ/seishin

いよいよ、大詰め!!
最後までしっかりお伝えします。
お楽しみに。。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。