スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超主観主義を生む、レゾナンス。

Category : 日々修行。。
吾、十五にして学に志し、
三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る。
六十にして耳順(耳にしたがう)、七十にして心の欲するところに従って矩(のり)をこえず

<・・・孔子>

2011年、第9サイクル直前にして、我、天命を知る。。天命に気づけた僕は大変な幸せ者です。

小さなコミュニティーですが、その仲間から感謝されている。
感謝を伴う環境に「レゾナンス」が起きます。
そのレゾナンス内では、無駄な存在は一つもない。
逆には、感謝出来ない環境では、関係は存在し得ない。
これが第9サイクルの特徴です。

抑圧された環境下で、鬱積したエネルギーが解放を求めていきます。
そこには、常にレゾナンスという、キーワードが隠れています。

「耳に従う(耳順)」・・・思考や理屈が無意味になります。
エネルギーや感動が共振を始め、それを分かち合う者同士が、「心の欲するところに従って矩(のり)をこえず」
支える宇宙を生きていかなければなりません。

レゾナンスは分かち合えます。
それは「感謝と感動」となってシェアできます。
ψ7で愛を知り、ψ9で、その愛に関わります。
ψ11では、感謝と感動が「平和」を実感させてくれます。

「心の欲するところに従って矩(のり)をこえず」
自分が好き勝手やっても、ルールや秩序を壊す事がない・・・超主観主義。

レゾナンスの準備がキーワードです。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。