スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新カテゴリー「seishin通信」発生・・その第1弾。

Category : seishin通信
このカテゴリーでは、太陽系の惑星配置をご報告し、それと我々との生活に関わる事項を考察しようと思います。

僕のブログを興味を持ってご覧頂ける方は、当然、遥道会員とその周辺の方々、もしくは、僕の人柄を直接知る方や、一部のマニアであろうと思われます。
大変嬉しいのですが、ここでお伝えする内容は、やはりそれなりのスキルを必要とする内容が含まれます。でもこれには、大変重要な内容が盛り込まれています。我々の日常を如何に宇宙と同期するかという、実践的な部分を伝えたいのですが、スキルを持っていてもらわなければならず・・。少々焦れったい気もしています。
その意味で、当然難しい..もしくは解らない部分は有ると思いまが、近い将来、この内容を解りやすくする為の簡単なクラスを不定期に行うつもりでいます。
それ迄は、意味がよく解らないかも知れませんが、ご覧になって下さい。
また質問や意見も受け付けます。その場合はこちら迄--yogiseishin@me.com

さて、あの3.11東北関東大震災から、2週間以上が過ぎました。
一部の皆さんはご存知でしたが、僕は3/5の新月以降、特に第9サイクルと言われる「宇宙の粛正」が始まる3/9以降は大変な事が起きる可能性がある事は、既に去年の暮から、お話ししていました。
「断捨離をしろ」「身の丈でいろ」「シンプルでいる事」「能動的に受動的でいること」等など・・。
特にあの前日の集中コースでは、「明日からは何が起きてもおかしくない。気を抜かない様に。。」と念を押した途端でした。当然、僕としてはショックが大きい・・。まさかこんな事が、その予定の中で起こってしまうとは..。

で、解っているなら、何とか出来んものか?当然、そのように考える訳です。
そして、このカテゴリーに行き着きました。

細かな裏付けは別として、早速、内容をご報告します。

この1/4から現在迄は、太陽を中心に土星と木星はオポジッション(opposition 開き・衝)の関係にあります。
太陽系を上から見れば、土星と太陽、木星が一直線に並んでいます。そして、この状態は4/14迄続きます。

その間、そのままの状態をキープしたまま、4/4には土星と地球が結び(conjunction 結び・合)の関係になり、その翌日には、水星と天王星が開き、その翌日には地球と木星が開く為、ここでは、木星・太陽・水星・地球・土星が、一直線に並びます。
更に、この数日前、4/3は新月(弥生)で、この直線上に月もかかっています。

この意味を理解するのが大変難しいのですが。。
地球と月は、Ω1とΩの2に対応すると我々は考えています。
その意味で「ムーラダーラチャクラ」の投影です。
これと同じ様に各チャクラは、太陽系のほぼ全ての惑星に投影投射できます。

1/4から4/14迄の、この関係は、アナハタ「木星/Ω7等化」が、マニプーラ「太陽/Ω5負荷」を挟んでアナハタ「土星/Ω8 中和」対化の関係になっていると言う意味です。
おおざっぱに言えば、この期間で、今迄の全ての出来事や、解決していなしエネルギーも全て中和する働きが産まれています。
そして、その働きは、人から出て人に返ります。(マニプーラ迄の力が、アナハタの対化に送られています。)
Ω7とΩ8は、僕たち遥道会には特別な場所になっています。
物質と意識の重心ポイントです。ここ迄の棚卸しをそれ以降の宇宙に引き継いでいく、反転ポイントでした。

その手前で、各チャクラは次々と、この重心に力を加えていきます。
それがこの3/26当たりからちょこちょこと小忙しくなり、4/3の新月以降、本格的になります。

さて、その為に。。
本日3/29には水星(スヴァディシュターナ/等化)と海王星(ヴィッシュダ/負荷)は開きの関係になっています。
これを遥道会のロジックに当てはめれば、水星/スヴァディシュターナチャクラでの熱のエネルギーをヴィッシュダチャクラの所作(ジャーダラバンダ)を利用して補う事になります。
現在、遥道会で練習している「ウダーナレベル」のアサナ行う事で、この力とは同期出来ます。
細かい事はスペースの関係で説明出来ませんが、同じヴィッシュダチャクラでも天王星との結びの場合は、両方が等化の関係になります。つまり、先手後手はありません。その意味では、「熱を補う必要」はない為、センタリングをします。

4/2からはこの部分が細かく出てきます。そして、このブログでもお伝えしますが集中コースでもフォローします。

これ以上、我々と宇宙が切り離されたままでは、エネルギーは中和に至りません。
日々のリズムが、人と宇宙との大きな等化的回転になる様に、我々が身を整える必要があります。

自分の為のアサナは忘れて下さい。
ここからは、宇宙との同期の為にそれを行います。

次の山場は4/4&4/5です。
今回の大惨事も新しい新展開を見せていくはずです。
それに巻き込まれ、四苦八苦するか、それを巻き込み中和するか?
我々の今迄の実践が試されます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。