リトリートの参考資料です。

Category : yodokai会員専用記事
リトリートに参加される方々に、次元構造を解説する為に良い資料はないかと探していたら・・・。
こんなのがありました。

まずは、三次元空間から四次元への視座を説明出来ると思います。
一次元から二次元。そして複素数面の双対が四次元視座を相殺してしまい、三次元の落ち込んでいる我々の次元認識を解りやすくしてくれています。



更に!
その座標をメタ的に見下ろす視座がこの画像。
見えて来るのは、幾何学としてのプラトン立体です。
面点変換を繰り返し、次元と共に意識の座標軸もメタ的に進化発展してきます。
つまり高次元認識です。



遥道会でもお馴染みの図形が見え隠れしています。。
神聖幾何学のジャンルではお馴染みの世界観ですが、グラフィックにすると、宇宙の構造は本当にシンプルで美しい。。
これが我々の意識の構造と全く同じである事に気付いていけると思います。

リトリートではここをしっかり解説出来ればと思いますが・・。
準備が間に合うか??
頑張ります。。
スポンサーサイト

Comment

2つ目の画像の最後は、、、、
あの曼荼羅図?! ですか???

で、何が?が、よく理解できませんが、
ちょっと、驚きできした☆
リトリート楽しみです^^
非公開コメント