スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこく…福岡NOW.

Category : Q10 fighters
さ…現在、福岡。いつものスターバックスです。
このあと新幹線で名古屋に向かいます。

結果からいえば、Q10Fightersは、準グランプリを頂きました。
わざわざ会場迄応援にきて頂いた皆さん…
福岡迄は来れなくても、地元から応援して頂けた皆さん…
そして、今迄何らかの関わりで僕を承認してくれていた皆さん…
本当にありがとうございました(^-^)/
自分なりにも、それなりに満足ある演奏ができたのではないか?…と思います。

如何に機能になりきるか…
Q10での僕の課題はここにつきます。
自分の人となりを完全に殺し、そこに音があればいい…
「俺を見てーーー!」とか「かっこいいだろーーー」とか「皆,俺って輝いてるかぁ?」なんて全く…一つも思わない。
今回のコンペは、どのバンドも皆がその意識だけが前面に出ていましたが、それとは全く逆のベクトルで演奏していたのがQ10だったのではないかと思います。
サウンドになりきるには、自分の意識ができるだけ消えている必要があると思っています。
自分自身が消えていればいる程、サウンドは前面に顕在化してきます。
その意味で、「楽しむ」とか「やり切る」とは僕の場合、如何に自己表現しなかったか…ということになります。

そもそもQ10の演奏は大変難しい…
ギターが一番得意で、かっこよく鳴らせる音が、尽く外れて行きます。
ギターとはKeyがEやAやせいぜいDでならしていたい…
そもそもギターの曲は、このKeyで作曲されているし、その場合で練習も積んできているのですが、Q10ではFやB、E♭などが中心でギターの特性上、指板の使える範囲が3分の一ぐらいになってしまいます。
更に限られたコード進行で、曲の世界観を壊さないようにギターそのものが歌い上げる為には、こちら側が考えても限界があります。
むしろ、何が出てくるかはギターに丸投げして、ギターが歌いたいように歌わせてあげることがなにより重要です。
その時に、自分の意思や思い、考えやバックグラウンドとしてのノスタルジックなどなんの意味もない。。

でも僕がQ10に存在する一番の意味は、ここへの挑戦なんだと思います。

Q10が評価されているのは、大変嬉しいし誇らしいです。
でもどこか…「皆!よかったねーー!!つぎも期待してるから応援するねーー!!」なんて、自分がこのバンドにいることそのものを忘れ、達観して見ている自分が恐ろしくもなります。

やはり僕の場合、皆と少し距離が違うのでしょーーね。
でも、これだからQ10にいれるのだと思います。

この模様は3/23金曜日深夜24:30頃、NHKの地上波で全国放送されます。

僕はその次の日に長崎に行きます。
長崎ではこの模様を皆で鑑賞会をしたいと思います…が、準備できるか?

今回は本当にありがとうございました。
今後のQ10も宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。