スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月…ビーナストランジット 新しいフナブクインターバルへ!

Category : 日々修行。。
さて…
Primal Rayでのクラスではお話しましたが、6/4からいよいよフナブクインターバルの終焉を迎えます。
6/6には「ビーナストランジット」。金星が日面通過を起こします。
前回の日面通過は2004年。この2012年の八年間で金星は軌道を5周して、綺麗な五芒星を完成させました。
以前の記事はこちら…金星の外合周期

以前このビーナストランジットが起こったのは、1874年~1882年の8年の間。
明治に入り、産業革命が本格化。所謂…「S1」的近代が始まった訳です…。
…そしてここで終わりを迎える事になるはずです。

次回のビーナストランジットは2117年から2125年の105年後…
ここからの100年間はデカルトやニュートンの支えた宇宙論から、意識を構造に組み込んだ量子的、M理論的宇宙観を必要とする新しい概念でのシステムが登場するはずです。

我々Primal Rayが存在する意義はここから本格的になって行くことでしょう!

さて…私個人としてはこの八年間はヨーガの指導者として立ち振る舞った期間でした。
2004年9月からは名古屋で指導を開始。2006年からは(思い出したくもない…)ヨーガスタジオで孤軍奮闘の毎日…。
そして申し合わせたように、Primal Ray へと活動のベクトルは元々のコンセプトへと解決して行きました。

現在のヨーガの方向性には言いたいことは山々ありますが、アシュタンガヨーガ全体主義者のルサンチマンは、我々には届かなくなりました。
奇跡や魔法をサットグルに求めてやまないカルト主義的ヨーガも魚座の時代に置いてきたはずです。
ここからはグノーシス主義的世界観を左道として排除できない価値観も必要です。

アサナをしてヴィパッサナーし、インスタントでコンビニエンスな表面だけのヨーガをして、佐保田解釈でのヨーガスートラを読んだことがあれば、オーセンティックなヨーガをしている事になっていた8年はおわりました。
その間、一歩も進歩していない事にアシュタンギはが愕然とするはずです。
取れないアサナがある以上、朝からマイソールで挑戦をくりかえし、終わればセレブにお茶などをしながら噂話と陰口で半日が終わる…そしてここからの105年間もその方法で乗り切るつもりのようです。

正直…私は興味ありません。
あの世界観から何もレゾナンスは起こってきませんでした。
あいかわらず、マハリシやクリシュナムルティーの隠喩を自分の言葉のよう話しても、それは自分の言葉ではない以上、知識のひけらかしでしかなく、ここから先に誰がそれに共振するでしょうか?

さ!
とうとう此処までやってきました。
ここからψ5的ライフスタイルでやり切ってやりましょう!
我々の出番です。

今週の日曜はこの部分への提案を含め、今後の我々に大切な部分を説明します。
メンバーは極力、参加して頂きたいと思います。
お待ちしています!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。