スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥道会 今回のフォロー <プラトン立体>

Category : yodokai会員専用記事

さて、今回の遥道会定例講座では、皆さんの理解には、少し時間の掛かる話が出てきています。

その中でも、「幾何学」の概念は、さすがに辛いと思いますので、ここで少しフォローをしたいと思います。

今回、特に講義に上がっていながら抜け落ちた部分は「正多面体」。俗に「プラトン立体」と呼ばれている物でした。

プラトン立体とは・・・。

 正多面体はそれぞれ同一の角度、同形の面、同長の線で構成されている根源的な3次元立体である。それは正4面体、正6面体、正8面体、正12面体、正20面体の5つで、完全な対称性を有している。そのため正多面体だけが、全ての頂点と接する外接球、全ての線心と接する中接球、全ての面心と接する内接球を持っている。この正多面体はそれを研究したギリシアの哲学者の名にちなんで、プラトン立体とも呼ばれている

 と、なります。 ちなみに下の5つです。

300-1pic 

で。。これが何になるの?と聞きたい方もいるのはやまやまわかりますが、ここは慌てないで頂きたい・・。

多少のヒントを言うならば、ここの「正12面体」は5角形が12面あります。

ペンターブが12個です。。感のいい人ならわかりますね。。

12はフィボナッチの「13」=アドムカシュワナーサナ(下を向いた犬のポーズ)を組み上げる数字であり、遥道会ステージルティーンのψ12までの総数12です。

つまり、4×3です。(負荷・反映・等化・中和までが3ルーティーンです。)

「正20面体」は等化までのトライアドを中和した「ヘキサグラム」(イスラエルのダビデの星を描像する)「六芒星」が見えますね・・?

見えましたか?正12面体と正20面体は、共に「面点変換」可能な双対立体です。

ピュタゴラス学派の文献には「火は正4面体・空気は正8面体・水は正20面体・土は正6面体の微生物から成り、創造者は宇宙全体を正12面体として考えた」などと、自然哲学を説明していたそうです。

講義では「六芒星」は「水」の文字。「五芒星」は「火」といいましたが、正4面体は2次元では5角形3次元では正4面体となります。(高次元化すると、下次元が発生する説明はしましたが、そのことです。)

-面数3角数点数3角数線数3角数回転対称軸面と点の和1つの面の角数1点に集まる線数2面角中心角
正4面体10102170度32分109度28分
正6面体213612781314--90度70度32分
正8面体362112781314--109度28分90度
正12面体127820210304653132--116度34分41度49分
正20面体202101278304653132--138度11分63度26分
合計数50355503559011071021001818--

それを踏まえて・・・。

-面数点数線数面と点の和
正4面体
正6面体1214
正8面体1214
正12面体12203032
正20面体20123032
5立体の合計数505090100
正4面体
4立体の合計数46468492
6立体の合計数545486108

4,6,8,12,20でその和は50。

5つの立体の点数および5つの立体の面数の10の要素を合わせると完全なる数100です。

100は10の平方数ですが、ペンターブを構成する1から4までの3乗数の和もまた(13+23+33+43=1+8+27+64=)100です。

遥道会のペンターブを3ルーティーンすると、プラトン立体の合計と同じ値をとることになります。

また、3組の双対立体の6立体を取り出せば、面点は各54。

54はpadawan satgeにも代表される各ステージ3つを各3ルーティーンで進む遥道会オーダーから言えば、3の3乗=27の2倍。その面点総数は108です。

この100108の比率は金星の公転周期225日と自転周期243日の比であり、また月の自転・公転周期27.3日と朔望周期29.5日の比でもあります。

さらに今回お話している部分ですが、仕組み=「493」ですから、4×9×3=108。

これは遥道会全オーダーを総ルーティーン終了した段階で関わるエレメント(種子)の総数と同じです。

108は煩悩でなく、この世の中の仕組みを試行錯誤するときに関わる関係種子の総数です。

ただ、仏教の四苦八苦は、4・9・8・9ですから、4×9=36 と 8×9=72 で、108となります。

ならば、煩悩ではなく試行錯誤のはずなので、僕らの解釈は間違ってはないと思っています。

・・・・・いかがでしょうか??

全然、中途半端な解説ですが、ここのスペースではこれが精々でしょうか。。。

いよいよ、ここらを説明しなければならない時期に入ってしまうようです。

遥道会員は、次元上昇する準備をしながら、お待ちくださいね。。。(疲れたーー汗)

PS・・トーラス師匠。。。勝手にお知恵を拝借している部分が有りますが、お許しください。今度、スタバでおごらせていただきます。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。