スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□思っていること・信じていること

Category : 未分類
こんにちは・・ 
Seishinです。
今日のテーマはとても大切です。
「思っていること・信じていること」・・この二つとも「思考」の支柱です。・・はい。「考える」行為を生む「柱」と言ってもいい。
思考とは「考える事」
ざっくりでは、この表現は間違ってはいません。
日本語では思考とは、経験的にもこの範囲で使われています。
しかし思いを巡らせ思考する事と、信じて疑わない為にその思い以外は巡り様のない事では、全く違うという事に我々は殆ど気づけいません。
前者の考えは、明らかに顕在意識側から出ていますが、後者の考えは、そうとは知らず意識しないまま潜在意識側から出ています。
日本語では、この二つの全く違う「考える行為」を「思考」という単語で一括りにしてしまう。
この違いを理解しないで「思考」は現実化する!などと言われれば、「良い事を思えば、良い事が起きる!」などと、巷の如何わしい自己啓発系の罠に陥ります。
自分が幾ら思考で都合のよいこと、清く正しい事を思い続けても、大した結果は導けません。
それは至極当然で、それが良いことだと、心底信じているか?いないのか?ここの差が有るんです。
幾ら世界平和を言葉にしても、その後ろに戦争を憎む憎しみが有れば、言葉に出ている表現が違うだけで、内在するものはそれほど違いは有りません。
先ずは言葉の背景で戦争を憎んでいる自分を見つけ、その憎しみそのものが想起する原因を「許せるか?」
その結果、世界平和を望むので有れば、思考の結果が「思い」を越えて現れます。
自分が何を信じているのか?
信じている結果が思考となって、その人の習慣を決めています。
身につけた習慣は環境となって、その人自身の生きざまに大きく影響します。
何を考えている?
当然これは大切で自分を律する中でコントロールしていく必要はありますが・・
何を信じているか?
これを気付けるか?
ここを気付けなければ根本的な思考を手放す事は出来ません。
昔、こんのが流行りました。
今も傾倒している人がいるのは否定しません。
「すべての生きとし生けるものが幸せでありますように・・」・・・慈悲の瞑想。
さも最もで、このアファメーションに反対する意見は世界中どこにもありません。
でも本当にそう信じて心底からの本音でこの言葉を口にしているか?
こう言えばいい思考がいい状況を生んで、都合のいい人生に巡り会えるなら・・いい人間として評価があがるなら・・おまじないの様に唱えてみるか!!
んんんん。。僕はこの輩が身近に沢山いた時期がありました。
あくまで昔の事ですが…
さて・・。
何となく伝わったのではないかなーーと思います。
信じている事を見つける手掛かりはPrimal Rayでいう「ψ6」です。
この次元観察子の単位は、見落としがちですが大変重要な単位です。
この向こう側には「感情」という、意識の背面が隠れています。
今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。
HP primalray.jp
mail:info@primalray.jp
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。