スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 □お金とは・・

Category : 未分類
こんにちは・・ Seishinです。
今回はお金の話。
Primal Rayの視点から、この話題に切り込んでみます。
・・・少し大げさですが。。^^;
さて。
僕はclassでこの話をよくしますが、気に入っているものなので、ここでもこの例えでお話します。
もし、今皆さんがブログを読んでいる場所から、ある場所へ移動しなければならないとしたら・・?更にそこが、歩けば片道1時間以上、距離であれば10Km近くある場所だとします。
ピンと来ない方は、名古屋駅から東山動物園をイメージしてみてください。
地下鉄東山線で10駅。 乗車時間は17分です。
その場合、大まかにこんな形でその移動手段は分かれます。
・時間があるなら歩く。または、お金が無いなら歩く。
・早く行きたいから乗り物。または、楽したいから乗り物。
当然、乗り物は有料です。
さらに同じ乗り物でも、地下鉄よりタクシーは値段が高くなるのは当然です。より便利で、快適、ピンポイントに乗降車出来ます。つまりは、より楽なんですね。
早く移動する=空間を縮める=時間を縮める
お金を払うとは、時間と空間を短縮する。
または楽をする。重力やエントロピー増大の法則に抗う事にもなります。
Primal Ray的に説明するなら、お金はS1の半径・・時間や空間/重力やエントロピー増大の法則を等化したものだと、言い換える事が可能です。
更にここに違和感を感じない方は、この様に言い換えてもご納得頂けると思います。
「お金とは感情の反映である」
Ray logicから導く答えですが、ψ7・ψ8の反映としてイメージしてみて下さい。
つまり、ψ5・ψ6がS2から関わっているベクトルです。
お金が欲しい!・・こう思っても上手くいかないはずです。
ψ7とψ8は、それを感情としてどう感じて受け取っているのか?
自己の都合を満たす為の思考か・・?
感情からそれが、心底必要なのか?
もしお金が感情の反映ならば、お金に恵まれないのは、自分の感情を無視している可能性があるという事になります。
お金はS1の半径の等化で、明らかなエネルギーです。
小手先の起用さや要領だけでは扱えません。
もしそれでお金が瞬間的に貯まったとしても、感情を満たす為に必要な手段でしか無いため、貯まった!と言った瞬間から無くなり始めます。
そもそもお金があるとは、確かに大きなアドヴァンテージですが、何を達成するのかのツールなので、その額が成功の基軸にはならないのですね・・。
それで何を達成したのか?
お金持ちでも満たされず、不平不満を言い続ける人が珍しくないのはこの為です。
お金=感情の反映
この言葉だけをなぞってみても意味は分からないですね
(^^)
でもここを納得できると、お金に関する関わり方は大きく変わり始めるかもしれません。。
今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。
HP primalray.jp
mail:info@primalray.jp
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。