スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男前!

Category : 未分類
今朝のアレックス!

120°間のご報告

Category : 未分類
こんにちは・・ 
Seishinです。
なんと!恐ろしい!
前回のブログ更新は、冬至。。
冬至です。・・太陽系の角度で120°
真冬に至った、クリスマスから・・
現在は、夏に導入位置。
はい・・手を抜いている訳ではないのですが。。
もーーちょい、何とかならんか?と、自問自答中です。
はい。。樺楊さん、ゆかりさんは、コンスタントに更新してくれていて、本当に頼もしい!
ありがとうございます。
さて。
そんな120°間に、大変大きな変化があります。
今日はそんなご報告。
いくつかあります!
いくつかありますが、そのもっとも大きな変化は、なんと、!35年経って、やっとの思いで!本当にやっとの思いで!なんと!!ギターを習いにいってます(^^)
これは自分史上、最も大きな大事件でした。
なんせ35年もギターを弾き続けていて、そこそこ弾けてしまっています。
一部の方はご存じの様に、ある全国規模のコンテストで準優勝する様なバンドでギターを担当する活動の中で、関わる関係者のプロレベルの人達と絡み出しています。
・・・限界を感じたのですね。。
独学で進める限界です。
なんせ35年も独学でトレーニングをしていた訳です。
練習するストレスなど、微塵も感じたことはありません。
むしろ、練習そのものが大好きでした。
ところが独学のデメリットは、何が出来ていないのか?
または、どうしたらそれが出来るのか?・・ここが全く解りません。
「何が出来ていないのか?」
これが解れば、これを練習するストレスはそもそも持ち併せていない。。出来ないことを出来るまで練習するのは、大好きで35年やってきてます。
ギターを習ってみてよく解ったのは。。
出来てない事を教えてもらえる合理性です。
独学は何が出来ていないのか?ここがさっぱり解らない。
教えてもらえるのは、出来方・・つまり手段や弾き方ではなく、何が出来ていないです。
そしてそれだけでなく、その為にはどの様な手段を取る必要があるのかまで、アイディアを頂けます。
あとはそれを今迄通り練習するだけ。。
教えてもらえるって本当に合理的でした(^^)
すでに足掛け5ヶ月。
ほぼ毎週、足繁く通いながらもの凄い勢いでスキルアップしています。
でもまさか、こんな事が出来ない自分が居たとは・・・
まさに愕然とします。
でも出来ないと解れば練習するだけ。
習っても、知っても、そのインフォメーションをスキルに変えるのは練習です。
習っても練習しなければ身に付かない。
ギターもPrimal Raylogic ヨーガスートラ ウパニシャッド そこも含めた高次元情報のすべてが、使える為には、練習が必要です。
S1とは、そんなところなんです。
はい。
だから毎日が、猛烈に面白い!
出来ない事、万歳!です。
久々のブログ投稿ですが・・
まだまだ下記足りない。
以降は、また次回ですね(^^)
今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。

HP primalray.jp
mail:info@primalray.jp

2015年 クリスマスでの指針

Category : 未分類
こんにちは・・ 
Seishinです。 
今日は2015年のクリスマス。
フルムーンでのクリスマスは38年振りだとか・・。
そんな中、僕なりに2016年から以降の指針を思い浮かべながら、未来に対した気構え。心構えを整理しています。
僕が子供の頃から、リスペクトしてやまない、日本最初で最高のヨギ、弘法大師 空海氏はこの様な言葉を残しています。
”三界(さんかい)の狂人は狂せることを知らず
四生(ししょう)の亡者は盲なることを識らず
生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く
死に死に死んで死の終わりに冥し
三界とは、仏教用語で心を持つもの存在する、欲界・色界・無色界の事。
四生とは、事象界S1に生まれ方によって分かれた、胎生・卵生・湿生・化生の事。つまりは、事象界に転生・生まれ変わるカルマの中にいる生きとし生ける物を言います。
Primal Ray的に訳せば、三界とは、縦・横・奥行きに取り巻かれた時空間
四生とは、個人の志をその時空間に奪われ、生まれた目的さえ思い出せないでいる意識の人間
生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く・・とは、生まれたものの始めの始めから何処に向かい、何を志すのか?全く解らず、時空間に存在してしまい・・・
死に死に死んで死の終わりに冥し・・・とは、その死の最後にも、何も無いまま冥い闇に戻っていく様です。
つまり・・こうまります。
「S1のパラダイムしか受け入れられない狂人(時空間だけを信奉していく現代人)は、それが妄想であるとは知らない。
自身の宿縁・宿業・カルマなど、魂の記号を事象を”見ているのか?または見えているのか?”見えてはいるけど、見ているのではない事に気づいていない。
生まれたものの始めの始めから何処に向かい、何を志すのか?全く解らないままに存在し・・・その最後にまで何も無いまま冥い闇に戻っていく」
この歌は、空海氏は輪廻から解脱出来ない人々に、悟りを開く大切さを訴えている・・と、言われますが、僕にはそうは聞こえていません。
むしろ、空海氏の焦りや嘆きを感じます。
彼は自分が生きている間に、この意味をしっかりと解り、人々にいかに生きるかを伝える覚悟を読んでいる気がします。
何の為に生まれ、どう生きて、どのようにたち振る舞い、生ききって納得し、満足してS1を離れるか?
僕の今後の課題は正にここです。
その為には、終わりをイメージする必要があることは、Primal Rayのメンバーならお分かりになると思います。
「終活」です。
少し早い気がしますが、その最後に向けての準備を残りの時間・・たぶん20年か30年か?をみっちり掛けて、取り組みたいと思います。
大きくなり、拡大し、成長し、発展する方向ではない。
より質素で簡素で清潔で、シンプルに手放し、執着や執念から解放される事でおきる満足だけで、残りの人生を過ごせたら・・。
そんな気分です。
信じる事は簡単です。
信じている物を手放す事で、三界の狂人・四生の盲者から、脱する事が可能です。
信じた事を試して、出来てさえしまえば、執着から離れる事は可能です。
残りの30年程を十分に使い、「終活」する。
2016年以降の指針でした(^^)
2015年 メリークリスマス!
霜月の満月に誓う!
今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。
HP primalray.jp
mail:info@primalray.jp

2015年 意識進化のターニングポイント

Category : 未分類
こんにちは・・

Seishinです。

久しぶりのブログになってしまいました。

その間もkayoさんやyukariさんは定期的にブログを更新してくれています。

是非そちらからもレゾナンズを受け取って下さい。

さて・・

今年も残すところ、あと一月半!

2015年もそろそろ終わりが見えてきました。

振り返ればいろんな事がありました。

相変わらず何かを突きつけられて、大きく価値観を揺さぶられている日本ですが、全く日常にはそんな気配さえ感じないのが、現在の我々日本人です。

この2015年は、近い将来から振り返って見れば、かなり大きなターニングポイントになっていた事に気づくはずです。

政治や経済、国益や国際バランスの問題だけではなく、意識進化のプロセスで、2011年3月9日から始まり、10月28日に終了した第9サイクル。それに続き、2012年12月22日の冬至に至る、マヤ歴終了と、ここから始まる1300年に渡る、覚醒期へにシフトの開始。

新しい6500年が始まり、この2015年はここの準備に関する一つの段階でした。

6500年などと言う長い時間経過には我々は何の身近さも感じませんが、現代を生きる我々には、このスパンよりもっと近い時間経過で、この影響が出てきます。

一番近いポイントは2020年。日本ではオリンピックの行われる年です。そこから2025年まで・・。最初の意識進化を手にする人達が現れます。

具体的な事象は、また何れの機会にお伝えするとして・・。その後のポイントは2036年から2038年に現れます。

今を生きる我々には、ここが最後のチャンスとなりそうですが、その後2072年から2078年・2079年・または2080年あたりに、人類全体はアセンションするはずです。

ただしここでい言うアセンションは、過去に言われていたような、選ばれた人間・特別な人間に与えられた栄誉やご褒美ではなく、この天の川銀河を含む、すべての三次元軸が、見事にひっくり返る!そんな大規模なものかもしれず、今は何とも言いようがない・・。また、我々は、その三次元軸の内部にいるので、その反転を外側から見ることが出来ない以上、そのでんぐり返しを浴びているので、そのことに気づけません。。

解りにくいので、もっと簡単に言えば、科学でも言い逃れが出来ない程、今のスピリチュアル系の人達が言うトンデモ話がいくつも証明されるはずです。例えば・・向こうの世界(あの世の事ですが、死んでいったアートマンが漂う死後の世界の事ではありません・・)が完全に証明されるのも、その一つの事象です。

そして神の存在を立証するはずです。・・が、その存在は余りに物理法則的な無人格なものであるため、一神教の信者や、依存体質の受け身の信仰に傾倒していた人達には、決して受け入れられない事でしょう・・多くの人には、ただの「現象」に見えるはずです。

宇宙に多様化した森羅万象。その事象に対して、それを、一つにユニットし、結び直していく概念の創造。

人はこの宇宙に存在して以降、発展し拡大し成長し増え続けてきました。

しかし本来の目的は、成長し発展し進化する事です。

それと拡大・拡散・散らかる事とは全く意味が違います。

むしろ、その散らかって見える森羅万象を一つのものの見え姿の多面性と捉え、そもそもが一つのものが作り出したものなのだと言う根本的なスタートに戻り、その意味を理解し、その意図にそごの起きない新しい哲学を再構築し直す必要に迫られます。

今年2015年9月8日以降は、その意識進化を助長する事象が各地で発生します。

これは、新しい価値観を採用するための古い価値観のディレートの為の「断捨離」の様なものです。

概念を変えなければ見えてこない・・または、そうでなければ楽しめない日常が現れます。

「やり方」から「在り方」へ。

テクニックなどは役に立ちません。

何の為にそれを行うのか?「意義」や「志」のない意識には、ここからの時代は苦痛に感じるはずです。

むしろ、それを書き換える事が可能なら、こんなに満足出来る時代無いはずです。有史以来初めて訪れようとしていると言っても言い過ぎじゃない。

意味が分かって生きている。

全てはその一つのものの見え姿が映し出している、多面性の現れ。

自分以外を他者と呼ぶ以上、他者がなければ、自分もあり得ない意識の対化構造。

そして、エネルギーは決して枯渇しない・・という事実。

書ききれない程、概念を変える必要がある様に感じますが、総合的に捉えると、実は至って簡単なアイディアで乗り越える事が可能です。

難しい事は、概念を書き換える為には、今、信じている事を手放す事です。

それ以前に、自分が何を信じているのか?を我々は、自ら理解していません。

・・それが概念です。

概念はゲシュタルトと言われる、その人の通念・常識のモチーフの集合体です。

長年蓄積されたその人の「人成り」といってもいい。

でも宇宙はその見えない人成りを反射させる装置を用意しています。それが意識を反射する「事象」です。

意識が変われば、映し出す姿も当然変わる。

概念を反転させられるのか?

宇宙の目的や意図を理解して、その様に自らを愛する事が出来ているか?

依存や執着を捨てて、ありのままで、事象に対応出来るか?

日本の集合的無意識・・または民意は、これを「オリンピックの開催」で体験するはずです。

また大阪維新の新しい動きや、年末年始・または来年夏までにある、政界再編。内閣の解散や衆参同日選挙の開催など。

これも、事象を体験する意識の現れです。

2015年の総括が、これ以降の見通しを快適にしてくれます。

ちょっと・・難しく成りすぎましたね。。^^;

今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

次回の更新もよろしくお願いいたします。

HP primalray.jp

mail:info@primalray.jp

リトリート!「やり方」と「在り方」

Category : 未分類

こんにちは・・
Seishinです。

さて、今年もリトリートを終える事ができました。
今年で5回目・・五年続いている合宿です。
よくも続いていると我ながら関心しますが、寧ろPrimal Rayのメンバーがこれを楽しみにしている事実(^^)
これ以降も続く限り続けたいと思っています。

今年は諸事情により、いつもの施設ではなく、いつもの大須スタジオで丸一日のフィジカルワーク。みんな相当、疲れたと思います。
そして恒例のカンファレンス。
これがいつもの最大の山場!
Primal Ray独特といってもいいイニシエーションです。
一人々々、向こう一年の課題や、現実目の前にありながら、直視できていない課題を明らかにします。
終了していない課題があれば、その余韻を引き継ぐシンボルが見えます。また、完全に次のステージを目指すべき人達んには、全く同じシンボルは現れません。
これは、毎年それなりに体験している人には自覚があるはずですし、振り返ると見えてくる事象にも納得できるはず。
「嘘がないから利用できる!」
Primal Rayとしては、確実な技術を通して、このイニシエーションを提供しています。・・ただ、年に1回だけです (^^)

また、今回のリトリートでご説明したかったのは、「やり方と在り方」についてでした。
ヨーガをやり方だと思っていると、酷いダークサイドに陥ります。
ヨーガはやり方を身につける為にあるわけではなく、「在り方」に気づく為の手段です。
「やり方」を通して、その人独特にある人なり・・つまりその人の「在り方」を認める作業です。

「やり方」は「在り方」に作用し、「在り方」が変われば「やり方」も変わる。
これは至極当たり前の流れです。
しかし、ヨーガをツールだ!もっともらしい誤謬と鮮明度の高い理解のままでは、「在り方」を見下ろせる抽象度を手に入れられない。・・つまり、なんの為にヨーガをするのか?大儀や志の無い、浅い方法論になってしまいます。

「在り方」を変えれないのに「やり方」に拘ってみても、手段と結果は揃っていないため、納得した体験を生まれないはずです。
このジレンマから脱却する最初の一歩は、我々が信じている概念の尺度・・「時間」や「空間」という、呪縛から解放される事です。
これは、スタートでもあり、ゴールでもある。
最初に一歩が一番難しい。。

さらにこの延長には、我々が関わる三つの空間領域があります。
しかし、「時間」や「空間」という、概念を小学校レベルで固定してしまった現代人には、全く見えない領域が存在しています。
それが「臨場感空間」です。
「物理空間」を体験する身体。
「情報空間」では、魂や霊魂・スピリチュアルを認める精神。



しかし、この二つの領域を自らの「意識」で体験している感覚が無い現代人は、物質を体験する感動。精神を体験する感動など・・。意識が何を体験しているのかを、さっぱり解っていません。

「臨場感空間」は見える側と、見えない側に分離しています。
物質側に対応した意識は「思考」と呼ばれます。
精神側に対応した意識は「感情」と呼ばれます。
この二つは同じものですが、「思考」から「感情」を引き出すか?「感情」を満たす為に「思考」するか?

つまり、「やり方」で「在り方」を刺激するか?
「在り方」で「やり方」を変えるのか?

ハタヨーガは、感情的になる事により、ラージャヨーガの感情を中和させやすい、やり方(瞑想)を体験しやすくなります。
でも、大事なことは、思考側からだろうが、感情側からだろうが、「臨場感空間」つまり、その人の感覚がニュートラルに居れる事が、なにより最善でなくてはならない。

「思考」と「感情」を見失っているヨーガは、ただの体操です。
リトリートでのカンファレンスは、これを丸裸にして、テーブルに並べています。

また来年はどうなっているか?
一人々々が、自ら確認して下さい(^^)


今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。

HP primalray.jp
mail:info@primalray.jp

まもなく秋分。

Category : 未分類
《ブログ更新》

こんにちは・・
Seishinです。

さて、今年も間もなく秋分です。
9/23《月》・・シルバーウィークは、この秋分の祭日に当たっています。
この前後3日で挟まれた秋分は「秋の彼岸」という時期。
お墓参りがイメージされますが、先祖を想い、慎ましく過ごす事で、太陽系の大きなリズムの変化をやり過ごす意味もあります。

この秋分以降、昼夜の長さが反転し、ここかは夜が長くなります。
春分以降のリズムとは全く違う日常が始まります。

10/21からは土用が始まり、11/8には立冬です。
暦としてはここからが冬の始まりです。

Primal Rayとしてはここは絶対に大事にして欲しい時期です。
しっかり断捨離をすすめ、すっきり冬を迎えて下さい。

この10/21の翌日は!
知る人ぞ知る!!
そう!僕の誕生日です。
人生の単位が一位上がります。
まさか自分がこんな年齢を迎えるとは・・。
我ながら信じ難い。

そんな意味で、新しい位になる年齢を意識して、今回の秋分から立冬は相当本気の断捨離を開始してみます。

このところ、ハードオフやコメ兵にいらないもの買い取ってもらっていたり、名古屋市の粗大ゴミセンターに出したり・・。徹底的に。むしろ楽しんでやってます。

「掃除をして憂鬱になる人間はいない!!」

そんなかけ声と共に、大英断の連続です。
10月までには空っぽにしたい(^^)


今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。




HP primalray.jp
mail:info@primalray.jp

2015年リトリート開催

Category : work shop開講!!
速報!
リトリート原案決定。

2015年 Primal Rayリトリートの詳細が決定しました。

募集を開始致します。
LINEやメール、または直接お申し込み下さい。
料金はチケットでのお支払いです。
1classのみのご参加の場合は、ドロップ3000円になります。
2class以上は、通常のチケットでclass数分を頂きます。

《2015年 Primal Rayリトリート》

リトリート日程
20150921(月)

11:30ー13:00
フォローclass HPC
《チケット1個》
ハーフプライマリーでのアジャストメントを通して、アサナの感覚を深めます。
普段は触れないお互いの身体で、アサナの奥深さを観察していきます。

13:30ー15:00
ビジャワークフォローclass
ハタヨーガlogic class(αレベル)
《チケット1個》
ハタヨーガの理論を解説。
特にビジャワークを利用して説明を行います。
また、αレベルからの感覚を延長して、次元観察子、元止揚を復習します。

15:30ー17:00
カンファレンス1
17:30ー19:00
カンファレンス2
《チケット1個》
毎年恒例のカンファレンス。
グループを二班に分けて解説。
その裏では、養成コースのメンバーの指導による、フルプライマリーの解説を行います。

20:00ー
食事打ち上げ。
※食事はコース料金になります。
詳細が決定次第、お知らせします。

※ドロップでの参加をご希望の方は、1クラス3000円です。

※養成コースのメンバーは別料金での参加フィーです。
料金は別途に設定していますので、個別にご連絡します。

『余命90分の男』

Category : 今日の映画
《今日の映画》

『余命90分の男』

・主演 ロビン・ウィリアムズ

ミラ・クニス

・監督 フィル・アルデン・ロビンソン

・脚本 ダニエル・タブリッツ

・制作/総指揮 ボブ・クーパー他

・公開 2015年1月 日本

・上映時間 84分


“あらすじ”

主人公ヘンリー(ロビン・ウィリアムズ)は偏屈で短気で在るため周囲から疎まれていた。

ある日いつもの様に訪れた病院。そこにはいつもの主治医ではなく、その主治医と不倫の関係にあった女医のシャロンがいた。

シャロンのその日は最悪な気分。日頃の悩みに、安定剤が欠かせない毎日。その日は、その不倫相手の主治医に頼まれ診察を代行している。そこに、偏屈なヘンリーが現れた。

いきなり口論となる二人。

シャロンは、ヘンリーが脳動脈瘤で患っている事を口走ってしまう。更に、ヘンリーに激しくまくし立てられ、怒りで自分を見失ってしまう彼女は、彼の余命は90分だと、嘘をついてしまう。

“感想”

昨年亡くなった名優、ロビン・ウィリアムズの実質的遺作。「シークレット・ロード」はアメリカでは2015年7月が劇場公開ですが、日本での配給は無いようです。

DVDの販売は10月から・・。ですので、僕もまだこの作意品は観ていません。その意味で、ロビンの最新作であり、遺作に当たっているのがこの作品になります。

とりあえず何をやらせても、ぴったりハマるこの人。今回は得意のコメディーですが、本当のロビンと被る部分があって、笑えないのは僕だけじゃ無いはず・・。

共演のミラ・クニスも、このところ大活躍です。

「ブラック・スワン」でその存在感が注目され、「マックス・ペイン」「ステイ・フレンズ」「テッド」など・・。

でも、僕が絶対忘れてはいけない作品!!そう!「ザ・ウォーカー」です(^^)・・はい。大好きな女優です。

そんな二人の共演ですが、作品自体は、親子、家族の絆を取り戻すファミリードラマ。ここ最近、アメリカの作品はこの手の題材が多く観られます。ま。昔からある根本的なテーマの一つですが、余命90分という発想は面白い(^^)

比較的短い映画です。一気に観れます。

実際ののロビンと重なると、少し寂しい気分になりますが、僕は、いちファンとして楽しめました。

まだ「ナイト・ミュージアム」の新作・・観てませんが。。観たくなってきました(^^)

“個人的評価”★★★★☆

『her/世界でひとつの彼女』

Category : 今日の映画
『her/世界でひとつの彼女』


・主演 ホアキン・フェニックス
・監督 スパイク・ジョーンズ
・脚本 スパイク・ジョーンズ
・制作/総指揮 チェルシー・バーナード他
・公開 2014年6月(日本)
・上映時間 120分

“あらすじ”
コンピューターのオペレーティングシステム(OS)が進化した近未来のアメリカ。
そのOSには、人格を学ぶプログラムがあり、相対する人間との関係から、深い絆を築ける可能性がある。
主人公のセオドアは手紙の代筆ライターを生業とし、一人孤独な生活をおくっていた。妻とは離婚の調整中。その別れを受け入れる事が出来ず、悲嘆にくれている。
しかし、このOS を手に入れ、人工知能とはいえ、一人の人格を有しているOSの”サマンサ”と出会い、彼の毎日が激変していく。
毎日は、満ち足りて孤独は癒え、大きくぽっかり空いた虚無の隙間はサマンサによって埋められていく。
つまり、彼はOSのサマンサと恋にしていく・・。

“感想”
すごい!その一言です。
ホアキンの演技スキルの高さ。。恐るべし!
まさか、恋人は一度も画面に現れない恋愛映画が成立するとは・・。
更に、何かがとても美しい。
今までに無かった恋愛ドラマ。そして寂しい最後を乗り越えて、人との繋がりを思い出す主人公。
「グラディエーター」「ザ・マスター」を抜いて、僕のホアキンのベストはこの映画です。
夏の終わりに観て欲しい。。
そんな感じ。
超!お勧めします。

“個人的評価”★★★★★

『キャリア変更!ちょっと、まって♪♪ちょと、まって♪おにーーさん』

Category : seishin通信
《ブログ更新》

こんにちは・・
Seishinです。

さて今回は、このところ取り組んでいたネット環境に関する着地が見えて来たので、ご報告します。

しかし正直・・相当、驚く事実に出会い、このサービス如何なものかと思います。

はい。はっきり書きますが・・。

今回、やりとりをさせて頂いたのは、楽天モバイルさんと、Y mobileさんです。
この両者とも、驚くのはその対応ぶりです。
Y mobileさんに関しては4回説明を聞きに、別の4つの店舗に出向きました。しかし、やりたい事は同じ・・。つまり、同じ事を説明して頂く事に4回、4店舗に出向いた訳です。
しかし・・なぜか?4回とも、同じ内容にも限らず、金額が全く違うんです・・?
同じ契約を聞く度に、契約の金額が4回とも違う???
更に、最初に聞いた店舗と、最後に聞いた店舗は同じ店舗。担当者が違うだけで、答えが違う・・???
どれが本当の契約なのか?・・担当者さえ困惑気味。
「代理店によって理解が違うのかもしれません」と、言われました。が!・・あかんやろ。。
理解に違いがあれど、結果は一緒になるはずやん。。
結局、一つはっきりしたのは、窓口の担当者も理解できないほど、契約が複雑でいい加減なんだと言う事です。

更に、楽天モバイル。。
気を付けてほしいのは、一ヶ月無料!・・請求は翌月分から!という、この歌い文句。。これは、商品が届いたという到着日時を基準にして、その到着月の末日迄なんです。
さらに、その基準はクロネコヤマトが、端末に到着時刻を打ち込んだ事による・・あくまで機械的な連動によって発生します。

そして事件は起こります。(劇場タッチ・・)

僕が端末とsimを発注したのは、13の月の大晦日。
7/25でした。
端末とsimを準備して、なか5日。発送を一泊二日。併せて一週間。8/1の到着をイメージしての事です。
8/1はフルムーン開けでもあるし、土曜なので、荷物の受け取りにも好都合。
しかし、楽天は頑張って、7/31に到着させてしまいます。
しかし7/31の金曜は仕事で、日中は荷受けが出来ず、結局、その夜21:00を過ぎての再配達になりました。
ところが、この時、クロネコヤマトは、最初に配達した、午前に荷受けを完了との通達をだしていた様なんです。

この一月間で、自分のデーター容量や、端末の使い勝手、その他いろいろと試した結果、最初のsimをSMS 付きのものに変更する事にして、楽天モバイルに連絡を入れると、
「一ヶ月分の利用料金が発生しています」・・と、こきゃーがる。。
「ちょっと、まって♪♪ちょと、まって♪おにーーさん」
軽く古い言い回しが口をついて出たものの、洒落にならない雰囲気に、向こうのオペレーターもドギマギし出します。
結局、それが午前の受け取りか?夜の受け取りか?
どちらにしろ、一ヶ月無料の内容にはほど遠いサービスを痛いところを突かれ、向こうの担当は責任者が出てくる始末。14日の解約締め日まで、会社内部の料金担当部署と協議するという事で保留しなりました。
更にSIMの変更で新たに届いたものは、到着しているにも関わらず、担当ドライバーの営業所の戻る時間の関係で、開通が、数時間遅くなり、前回とは真逆のパターンになりました。
この一連を、楽天モバイルの担当者と、アナログのオンタイムで追いかけていた為、向こうは、このクロネコヤマトのオペレーションに頼る一連の基準の無理を、カスタマー側と再認識する結果となりました。

で。結論は8/1の到着という前提で、一ヶ月の無料期間は発生させて頂きました。
しかし、その責任者の言い分は。。
「この様な不手際は、今後も予想されますので、懸念があるなら、楽天モバイル意外のキャリアとのご契約を考えて頂く事も考えて欲しい」・・らしい。。
「ちょっと、まって♪♪ちょと、まって♪おにーーさん」
もう一度!軽く古い言い回しが口をついて出そうになりながら・・。
「TOYOTAの営業は日産の車種を勧めたりは、せんだろーーー」と、思いながら、まだ完成されていないサービスの善し悪しを、しっかり味わう数日間でした。

さて!
そしてこの僕は、この教訓を十分活かして、現在考えうる一番、イメージの範疇で、見通しのいい契約に、漕ぎ着ける事が出来ました。

結果、携帯端末にかかるコストを30%減らし、現在のパフォーマンスをアップグレードする事に成功です。
簡単に言えば、今よりデーター容量を3G増やし、通話し放題でありながら、月の請求を10,500円から7,200円に下げる事ができました。
更に2年縛りからも解放!
相当、いろいろな縛りから解放されて、すっきり!です。

いい勉強しました。
今回、相当勉強したので、携帯の変更やキャリアの移動、MNPの変更や、SIMなどに関してお困りの方・・。相談に乗れるかもしれませんよ(^^)

苦労した甲斐があったのはないかと納得しています。
しばらくは、これでいくつもりです。

ちなみに、いろいろ言ってますが、楽天モバイルさんとも、Y mobileさんとも、今後もお付き合いしていく事になりました。
特に楽天モバイルさんとは、相当長いお付き合いになる気配です・・。
20150814-1

今回も最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。

HP primalray.jp
mail:info@primalray.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。